【オオクワガタ飼育記録2017】相性は悪くなさそうだ

同居中の2016年羽化ペア(オス76mm、メス48mm)。相性は悪くなさそうだ。オオクワガタ
同居中の2016年羽化ペア(オス76mm、メス48mm)。相性は悪くなさそうだ。

2017期の種親は、越冬済み個体である2015羽化のAライン(別メス)とBライン(同ペア)、2016羽化のペアから数をもう少し絞ってみたいと思う。現在、同居中。

その2016年羽化ペア(オス76mm、メス48mm)のケースをこっそり覗いてみた。相性は悪くなさそうだ。

一安心だが写真に収めるには苦労する・・・音・振動・光には敏感に反応するからだ。オスは率先して「かくれ家」に逃げ込む。おいおい(笑)。

ケースを空け、薄暗い部屋でカメラを調整して構え、根気よく待つこと数分。こんな感じだ。

現在羽化してきている2016期の個体はどうも大顎の発達がイマイチな感じがする。顎が短いようなのだ。親のような迫力が感じられない。

全体としては75-77mmクラスが中心なのだが・・・これも例の高温を経験させた影響なのか?エサをケチったからか?オオクワに限らず、生き物の累代飼育は奥が深い。

スポンサーリンク
Amazonオススメ商品(広告)
●各種昆虫マット
●各種昆虫ゼリー
●各種飼育ケース
●各種アクセサリー
●クワガタ・カブト生体

楽天オススメ商品(広告)
スポンサーリンク