ノコギリクワガタの特徴・生態や飼育・繁殖方法を詳しく解説。

ノコギリクワガタ(千葉県船橋市産 オス:64mm) ノコギリクワガタ
ノコギリクワガタ(千葉県船橋市産 オス:64mm)

ノコギリクワガタ(学名:Prosopocoilus inclinatus inclinatus)は、クワガタムシ科・ノコギリクワガタ属の原亜種で、北海道から九州にかけて国内に広く分布・生息している。個体数も多く、コクワガタとともに日本の代表的なクワガタである。大型のオスは数対の内歯を有する太く湾曲した長い大顎を持ち、「水牛」とも呼ばれ、人気を博している。本土産の原亜種以外に4種類の亜種が存在する。

近年では低山地においてミヤマクワガタ(環境指標昆虫)を圧倒する存在になりつつある。主に温暖化による気温の上昇が原因とされ、元々、高山帯で低温域を好むミヤマクワガタに対してノコギリクワガタの高温耐性が高いためと言われている。確かに私の地元である千葉県北西部でもコクワガタに匹敵する生息数と思わされることがある。幼虫の食性なども影響しているかもしれない。

ノコギリクワガタの外観的特徴

大きさ・色・形

自然界での大きさは、オス:35-70mm程度、メス:30-35mm程度のものが多く見られる。飼育環境下でも概ね同様の大きさのようである。
※もっと大きなもの、小さなものもも見つかっている。

オスは体の大きさにより、大顎の形状が異なる3種類に分類できる。これは他のクワガタにもみられる特徴といえるが、ノコギリクワガタでは別種と思えるほど形態的な違いが見られる。

大型のオスは数対の内歯を有する太く湾曲した長い大顎を持ち、「水牛」とも呼ばれる(先歯型・大歯型)。小型のオスは均一で細かな内歯を持つ直線的な、正に「ノコギリ」といえる外観の大顎が特徴である(小歯型・原歯型)。中間的な個体は、大型個体に比べ大顎の湾曲度合が緩やかな形状になる(両歯型・中歯型)。

色はオス・メスともに普通は赤褐色で赤みの強い個体や黒みの強い個体も見受けられる。

その他の特徴

ノコギリクワガタの分布と主な産地

分布域は北海道から本州、四国、九州のほぼ日本全土と朝鮮半島周辺と幅広い。原亜種内でも生息地による地域個体差がみられ、伊豆大島産や南九州産が比較的大型化しやすいことなどが知られている。

ノコギリクワガタの亜種

ノコギリクワガタ原亜種の亜種は以下の4種とされている。

●ノコギリクワガタ(原亜種)グループ
・ミヤケノコギリクワガタ(仮称)【分布:伊豆諸島(新島、式根島、神津島、三宅島)】
・クチノエラブノコギリクワガタ【分布:鹿児島県(口永良部島)】
・クロシマノコギリクワガタ【分布:鹿児島県(黒島)】※採集禁止
・ミシマイオウノコギリクワガタ【分布:鹿児島県(硫黄島)】※採集禁止

原亜種の分類ではさらに以下のものが知られている。

●ハチジョウノコギリクワガタ(原亜種)

●アマミノコギリクワガタ(原亜種)グループ
・オキナワノコギリクワガタ
・オキノエラブノコギリクワガタ
・イヘヤノコギリクワガタ
・クメジマノコギリクワガタ
・トカラノコギリクワガタ
・トクノシマノコギリクワガタ

●ヤエヤマノコギリクワガタ(原亜種)

ノコギリクワガタの生態と習性

ノコギリクワガタの成虫の生態と習性

活動時期は6月から10月位。地方の広葉樹林の山間部はもとより、都市近郊のちょっとした雑木林でも見られ、クヌギをはじめ、ナラ類、カシ類、ニレ類等のブナ科、ヤナギ類の樹木の樹液につく。桃、梨等の果樹園でも普通に見られる。

基本的に夜行性であるが、ミヤマクワガタ等と同様、日中も活動している個体も珍しくはない。オオクワガタやコクワガタ等のドルクス類と異なり、樹洞や樹皮の下に隠れることは少なく、振動や衝撃を感じると足を畳んだ擬死行動をとり樹上から落下してくる。この習性を利用した樹を蹴る「キック採集」なる方法でもよく採集されている。灯火にも集まるので、街灯などでの採集例も多い。

樹上でエサ場を確保したノコギリクワガタのオスはメスとペアでいることも多く、たいていはオスがメスに覆いかぶさるようなメイトガードと呼ばれる保護行動をとっている。交尾も基本的にはこの状態で行われることが多いようだ。交尾を終えたメスはクヌギ等の広葉樹の倒木や立ち枯れの土中部付近に産卵する。

なお、晩夏や初秋に羽化したノコギリクワガタは、翌年の初夏になるまでそのまま蛹室内で休眠することが知られている。休眠期間を終え、成虫として活動を開始してからの寿命は短く、数か月から半年程度。飼育下でも翌年まで生き残るものはほとんど無い。

ノコギリクワガタの幼虫・蛹の生態と習性

申し訳ありませんが、以下執筆中です。今少しお待ちください。

ノコギリクワガタの飼育方法

ノコギリクワガタの成虫の飼育

ノコギリクワガタの成虫用飼育セットを組んでみよう。
ノコギリクワガタの成虫用の飼育セットを組んでみよう。こちらも特に拘りがないのであれば、あっけないほど簡単だ。ミヤマクワガタの成虫飼育にも基本的に同じものを使用できる。 止まり木等のアクセサリーは産卵木を使用すればいいだろう。ノコギリク...

申し訳ありませんが、以下執筆中です。今少しお待ちください。

【参考文献等】
参考 Wikipedia ノコギリクワガタ
参考 BE KUWA 35号 2010年春 日本のノコギリクワガタ大特集!!(むし社

コメント

スポンサーリンク
Amazonオススメ商品(広告)

楽天オススメ商品(広告)
スポンサーリンク