オオクワガタ(佐賀産)蛹化状況続報2

蛹化したオオクワガタのオス2頭。28g級の中堅サイズ。 オオクワガタ飼育2016
蛹化したオオクワガタのオス2頭。28g級の中堅サイズ。

オス:7頭、メス:9頭。(4/20 18:00)
このところの気温の上昇で蛹化が加速しているようだ。28g級のオス2頭も蛹化した。

蛹室が崩れてしまっていたオオクワガタのオス。29.1gあっただけに少々悔やまれる。3番気門の周辺が黒なのも気になるところ。

蛹室が崩れてしまっていたオオクワガタのオス。29.1gあっただけに少々悔やまれる。3番気門の周辺が黒なのも気になるところ。

残念なこともある。前蛹化していた29.1gのオスの蛹室が崩れていた。掘り出して人工的に窪みを作って入れ直したがちょっと危険な状況だ。3番気門の周辺が黒いのも気になる。

もう一頭、こちらも前蛹となっていた13.1gのメスだが、頭殻を脱ぎ捨てることできずに硬化、蛹化不全となってしまった。まだ生きているが、こちらはもう無理だろう。コイツも蛹室を上手く作れなかった個体だ。このままでは腐っていくだけなので、産卵予定のメスのタンパク源にすべきか検討中。キモイので画像は抵抗がない方のみご覧ください。

閲覧注意蛹化不全となったオオクワガタ(メス)の画像

先日、蛹化をご紹介したコクワガタのメス。羽化して間もない。完品のようだ。落ち着くまでもう少しこのまま。

先日、蛹化をご紹介したコクワガタのメス。羽化して間もない。完品のようだ。落ち着くまでもう少しこのまま。

明るい話題と言えば、先日お伝えしたコクワガタのメスが羽化している。1週間前の写真では体組織は目視できなかったのだが・・・2週間程で羽化するとは。

コメント

スポンサーリンク
Amazonオススメ商品(広告)

楽天オススメ商品(広告)
スポンサーリンク