【オオクワガタ飼育記録2019】親オオクワと多頭飼育状況

少し、元気がない今期の種親。初代の看板個体の特徴を一番受け継いでいるように思う。オオクワガタ
少し、元気がない今期の種親。初代の看板個体の特徴を一番受け継いでいるように思う。

このところ、親オオクワ(オス)の元気があまりない。持ってみると体重もかなり軽くなっている。

冬眠入りまで持たないかも。と思い、さらに「そういえば個体写真を撮っていなかった」ので、取り急ぎ何枚か撮っておいた。本来なら簡易スタジオで撮っておくべきなのだが・・・

ハナシを戻すと、3年目に入った(羽化後2年3カ月)し、そろそろ落ち始める個体が出てくる頃でもある。エサは良く食うので、もう2-3日、様子を見ることにした。

少し、元気がない今期の種親。初代の看板個体の特徴を一番受け継いでいるように思う。

少し、元気がない今期の種親。初代の看板個体の特徴を一番受け継いでいるように思う。

つい先ほど、様子はどうかな、と思い確認してみたが、少し復活したようだ。思うに、同居させたメスに大分エサを分け与えていたのかもしれない。このところ、メスがあまりエサをガッつかなくなったので、分け前が増えたようでもある。

幼虫の1ケース多頭飼育

さて、今期から導入した初回多頭飼育だが、10日余りが経過した現在、こんな感じだ。各ケース共に1-2頭が側面から顔を覗かせているが、順調に成長している。

多頭飼育ケースの様子。

多頭飼育ケースの様子。

スポンサーリンク
Amazonオススメ商品(広告)
●各種昆虫マット
●各種昆虫ゼリー
●各種飼育ケース
●各種アクセサリー
●クワガタ・カブト生体

楽天オススメ商品(広告)
スポンサーリンク