山梨県北杜市・韮崎市再訪。(韮崎市編)

もちろん台場クヌギもある。 山と池と虫と
もちろん台場クヌギもある。

3日目は韮崎をまわった。

韮崎市西南部の散策

午前中に少し作業を行い、途中の道の駅で土産を物色後、R20を南下する。給油を済ませ、最初のポイントへ向かう。

途中、河川敷脇にあったエノキが目に入る。オオムラサキはもちろんなのだが、ゴマダラやアカボシゴマダラの動向も気になっているからだ。食痕はあるもののこれらの幼虫の姿はない。

河川敷脇のエノキが気になった。オオムラサキ等は見かけなかったが、モンキアワフキムシらしきものがいた。

河川敷脇のエノキが気になった。オオムラサキ等は見かけなかったが、モンキアワフキムシらしきものがいた。

最初のポイントでは民家の周囲にまだ結構な雑木林が広がっている。もちろんクヌギ等が中心の広葉樹林だ。が、一方で開発も進んでいるようだ。北杜市程ではないにしろメガソーラーの設置は進んでいるし別荘地や霊園などの現地視察会と思しき看板も目に付く。

韮崎の雑木林。大抵のところでこのようなクヌギが見られる。が、開発も進んでいるようだ。

韮崎の雑木林。大抵のところでこのようなクヌギが見られる。が、開発も進んでいるようだ。

 

民家と雑木林の境にあったクヌギ。樹液痕もある。

民家と雑木林の境にあったクヌギ。樹液痕もある。

このポイントの目玉はここだろう。採集とかを抜きにして「韮崎らしさ」が出ていると思う。アクセスも比較的容易なので知っている人も多い場所だ。

用水路とクヌギ林。ここは知っている人も多いだろう。

用水路とクヌギ林。ここは知っている人も多いだろう。

 

もちろん台場クヌギもある。

もちろん台場クヌギもある。

 

無造作に廃棄されていた1m少々の伐採材。エノキと思うが、中央の食痕はちょっと気になる・・・。

無造作に廃棄されていた1m少々の伐採材。エノキと思うが、中央の食痕はちょっと気になる・・・。

 

巨大化する桑。

葡萄畑を通り次のポイントへ向かう。このあたりは養蚕の名残がある場所のようで桑の木がかなりある。台場クヌギ同様に過去の遺物であり、その多くが巨木と化している。

エノキやニセアカシア?などどともに一定の雑木林を形成しているともいえる。無用なものにも思えるが、これらもオオムラサキ等の生息を支えているのだろう。

韮崎周辺では桑畑の放置林も多い。養蚕が盛んだった頃の名残ではあるが、右手前のような巨大なクワの樹が目立つ。

韮崎周辺では桑畑の放置林も多い。養蚕が盛んだった頃の名残ではあるが、右手前のような巨大なクワの樹が目立つ。

 

こちらはエノキ。樹高数mのものが無数にある。これらがオオムラサキの生息を支えているのだろう。

こちらはエノキ。樹高数mのものが無数にある。これらがオオムラサキの生息を支えているのだろう。

 

膨大な量のクヌギに圧倒される。

さて、2つ目のポイントに到着。なるほど、ワクワクしそうなクヌギが所狭しと並んでいる。シーズン中なら何度も来てみたいと思わせるところだ。

ここが著名ポイントであることは、心なき採集圧の跡を見ればわかる。大量の切削痕によりほぼ空洞と化したクヌギを見たときは腹立たしさを通り越して呆れてしまった。

ここも良く知られているポイントだろう。確かにワクワク感はある。

ここも良く知られているポイントだろう。確かにワクワク感はある。

 

立派なクヌギの巨木。隣にも大きなクヌギがあったが、その木は裏に回ると材割採集で内部はほぼ空洞になっていた・・・。

立派なクヌギの巨木。隣にも大きなクヌギがあったが、その木は裏に回ると材割採集で内部はほぼ空洞になっていた・・・。

 

立派な台場クヌギだが、樹液痕はほとんどない。

立派な台場クヌギだが、樹液痕はほとんどない。

 

いたるところに台場クヌギがある。

いたるところに台場クヌギがある。

オオクワガタの発生木に成り得る、ニクウスバタケに覆われた立ち枯れもあった。足場が悪いから残っているのかもしれないが、これらは手を付けずに残しておくべきものだと思う。

ニクウスバタケに覆われたクヌギの立ち枯れ。手を付けずに残しておくべきものだと思う。

ニクウスバタケに覆われたクヌギの立ち枯れ。手を付けずに残しておくべきものだと思う。

 

このあたりは基部に洞がある樹が多い。

このあたりは基部に洞がある樹が多い。

 

このあたりは基部に洞がある樹が多い。

このあたりは基部に洞がある樹が多い。

 

こちらも立派なクヌギ。

こちらも立派なクヌギ。

 

少し開けた道路沿いの1本。

少し開けた道路沿いの1本。

 

こういう風景は永く存続してほしいものだ。

こういう風景は永く存続してほしいものだ。

韮崎にはまだまわってみたいところが無数にある。

北杜市編はこちら

撮影日:2016年10月31日-11月02日
機材:OLYMPUS STYLUS SP-100EE
撮影場所:山梨県韮崎市

コメント

スポンサーリンク
Amazonオススメ商品(広告)

楽天オススメ商品(広告)
スポンサーリンク