【オオクワガタ飼育記録2019】今期採取した幼虫

ケース側面に出てきたオオクワ幼虫。こういうのが数匹見えてきたら割り出しの目安。オオクワガタ
ケース側面に出てきたオオクワ幼虫。こういうのが数匹見えてきたら割り出しの目安。

ご紹介したように2017年羽化の79mmと50mmのペアから21頭の幼虫を採取できた。他に2018年羽化の77mmと48mmのペアから5頭、計26頭。

2017年最大個体の81mmと52mmのペアは10個程産卵したものの孵化しなかった・・・。

割り出しの段取りはこうだ。
・ケース底面や側面に幼虫が数頭確認できたら割り出しの目安。大体メスの投入後2か月位。
・産卵木を取り出し、ケースをトレイ内でひっくり返す。
・まず、埋め込みマットに出てきている幼虫を採取。(今回は7頭いた)
・次に齧られた産卵木を食痕を頼りに慎重に分解していく。
・幼虫を発見したら、小型スプーンやシリコンピンセット等を使い、小分けしていく。私は小分けに製氷トレイ数枚を使っている。

順調に事が運んでいたのだが・・・

やはり、1頭潰してしまった・・・。ナイフでグサッ、ではなく材をひねった時に圧死させてしまったようだ・・・。

スマン・・・。

無事取り出せた26頭は、現在、大型タッパーで様子見である。今期は、以前からやってみたかった方法を試そうと思っている。

産卵木から割り出したオオクワガタの幼虫(約15秒)

オオクワガタ幼虫割り出し:2019/08/01
スポンサーリンク
Amazonオススメ商品(広告)
●各種昆虫マット
●各種昆虫ゼリー
●各種飼育ケース
●各種アクセサリー
●クワガタ・カブト生体

楽天オススメ商品(広告)
スポンサーリンク