オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2019】蛹化ラッシュ

オオクワは蛹化ラッシュ。大物はまだだが、メスは続々前蛹化・蛹化している。 前々回ご案内したメスは無事蛹化。まあ、小物なので40mmに及ばないだろう。もう一頭も見えないが、音からして蛹化済みの音。残りのメスもどうやら全頭、前蛹化している...
カブトムシ

カブトムシ羽化ラッシュ

カブトムシが羽化ラッシュである。ここ数日でオス×3、メス×1が羽化した。あとオス×1、メス×2。メス4頭と思っていたが、小オスだった。 最大個体が75-76mm位、次点が74-75mm位、次が70mm少々(こいつは上翅の硬化前に変な寄...
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2019】マットボトルへの交換・蛹化状況

先日、最終マットボトルへの入れ替えをしたのだが・・・やはり、例年と違うインターバルだとカンも鈍る・・・。 半分以上が蛹室を作りはじめており、2頭は前蛹化。前蛹化していればまだいい。そのまま露天掘りや人工蛹室行きにできる。 ...
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2019】今期の蛹化第一号

ようやく、今期の蛹化第一号が無事蛹化した。 これまで、メスとしてご紹介していたが・・・ 中歯型のオスだった(笑)。 見た感じ、45-50mm位か、ウチでのオスのチビギネス候補・・・。 もう一頭、8.9gの個体...
カブトムシ

カブトムシの蛹室を露天掘り化

おまけで育成しているカブトムシのオスは1頭の蛹室が崩れていたので、全頭露天掘りと蛹室の清掃を実施した。 蛹化不全はなく、左の個体が70-75mm、右2頭は75-80mm位になりそう。 カブトムシは、ほぼ直立状態で蛹化し、羽化時に...
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2019】良好な蛹室とは?

前回、少し触れたオオクワ メスの前蛹化。どうやら順調のようだ。蛹室の位置、形状、大きさ、内部の状態もまあ及第点。 何をもって及第点なのかというと、 形状が概ね卵型の楕円形で内部の壁面が滑らか 大顎を起こせる十分な高...
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2019】マットボトルで蛹化させる

一応、今期もオオクワの育成は続いている。おそらくはオスx5、メスx6。2016年羽化ペアの子だ。 昨日、一区切りついたところで、オスの菌糸ビン3本をマットボトルへ切り替えた。約3カ月のルーチンワークである。 ウチでは菌糸ビンその...
クワガタ関連書籍

BE-KUWA(ビー・クワ)71号 2019年06月 月刊むし増刊(むし社)

オオクワガタを中心とした国産ドルクス類に関する最新情報。 2019年春に発刊された専門誌BE-KUWAの国産オオクワガタを中心とした国産ドルクスに関する最新情報。 今号は買い!買い占められる前に確保しよう! ●Amazon B...
ヒラタクワガタ

ヒラタクワガタ:遷移と定着のプロセスが興味深い

首都圏にも分布はしているが、千葉県北西部では幼少の頃に一度しかお目にかかったことがないヒラタクワガタ。分類や分布・生態も非常に興味深く、奥の深い種だ。 分類(3種・12亜種) かつて(1970年代)は「ヒラタクワガタ」のみで紹介され...
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2019】幼虫の成長・菌糸ビン交換

2018-2019期のオオクワガタ幼虫も徐々に成長している。 そろそろ血の入れ替えも考えなければ、というのと本業がドタバタして今年は無理かな、という状態だったのだが、同居飼育の2016年個体ペア(昨年4頭の幼虫を採取)が産卵しそうだっ...

ウチのモンシロ君(モンシロチョウの観察)

小松菜についていた5mm程のアオムシを飼育してみた。予想通り「モンシロチョウ」だった。蛹で越冬させるつもりだったのだが、暖かい日が多かったこともあるのだろう、3週間かからずに羽化し、羽化後1週間程で星になってしまった。 2018-11...
2018-12-20
オオクワガタ

Tシャツサンプル

サイトを始めた頃、本業の顧客向けにサンプルで作ったTシャツの原案が出てきた。(笑) デザインは再考するかもだが、近いうちに何枚か作ってみよう。

標高の高いエリアへも勢力を拡大するアカボシゴマダラ

標高400m付近にもアカボシゴマダラの影 例年(昨年は台風の影響で観察できなかった)、ゴマダラチョウを観察をしている中央高速道の某SA内にあるエノキの低木で変化があったのでメモしておきたい。 まず、一昨年までは「ゴマダラチョウ」が占...
2018-10-25
カブトムシ

カブトムシの置き土産は7頭以下で済みそう

昨年、階段や廊下の蛍光灯下で大量に保護したカブトムシ。120頭にも及ぶ置き土産を残していってくれた。 ほとんどは親の採集地にお帰りいただいている中で、大型のオスx2とメスx4を手元に残したが、既にこのオス(...
里山散策

近所のグルメスポット

道路の拡張工事が終わったようなので、木の葉採集のついでに廃材を処分しているポイントを覗いてみた。 直径60cm程のコナラの大木で根元は空洞化している。この空洞とその周辺が廃材の処分ポイントで、既にカブトムシの繁殖床になって...
コクワガタ

2018年初の来訪者

今年は照明がLED化されたのでどうなるかと思っていたのだが、家の前の階段にコクワのメス(25-27mm)が飛来した。 昨年は6/2か、例年よりかなり遅い。飛来する昆虫の数は確かに減っている。LEDの波長などとの関係もあるのだろ...
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2018】やっぱり翅パカだよ・・・

これまでオオクワを飼育してきて、外的要因による羽化不全への対策は考えられる範囲で相応に対処してきた。しかし、個体そのものの先天的、あるいはそれに類する要因の予想や持論は出来てきたものの、完全な対応は難しい。 先日も...
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2018】縮む蛹

残り2頭のうちの1頭である29.4g個体の蛹の6/16の様子である。かなり縮んでいる。後ろ脚と腹部先端の位置関係に注目していただきたい。 2枚目の写真は5/26の蛹化後数日の頃のものである。3-4mm程度は縮ん...
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2018】中歯型の羽化

もう少し先になるかと思っていた中歯型のオスが羽化した。 流石に小型なだけあって成熟が早い。 前にも書いたが、中歯型は初めてなので写真を撮るのが楽しみである。
オオクワガタ

【オオクワガタ飼育記録2018】最大個体のオスが羽化

ご紹介してきた最大個体32.2gのオオクワガタが今朝がた羽化した。現在は内翅を格納し外殻硬化中である。まあ、一安心。 期待の星だったのだが、どうやらサイズは80mmを若干下回りそう。ただ、全体的に太く、顎の長さとのバランスも悪くない。...